次回から「シンカログ 筋トレ」で検索をお願いします!!

今、大ブームの筋トレにデメリットはあるのか?

今、筋トレは社会現象になりつつあるように思えます。

「筋肉は裏切らない」等の名言も飛び出し、認知度も上がっています。

そんな筋トレですが、デメリットももちろんあります。

今から筋トレを開始しようとしている方も、既に筋トレを習慣化している方にも読んで欲しい内容です。

お金がかかる

筋トレを継続していくにはお金がかかります。

①ジムの会費(ジム派の方)

②プロテイン代

③器具代(自宅筋トレ派の方)

④トレーニングウェア代

筋トレをしない生活と比べると、上記の費用がかかります。

特に「ジムの会費」は結構するので、その他のメリットを考慮した上で自宅筋トレをおすすめします。

家が狭くなる

これは自宅筋トレ派の方が当てはまることですが、筋トレに必要な器具を置く場所が必要になるため、家が狭くなるという問題があります。

私が使用している筋トレ器具はこれです。

①可変式ブロックダンベル

ダンベルは、重量ごとに揃えようとすると、とても場所を取るため、可変式のダンベルをおすすめします。

中でも、私が使用している可変式ブロックダンベルは、収納場所も最小限に抑えられます。

②トレーニングベンチ

トレーニングベンチは、特に場所を取るため、使わないときは小さく折りたためるタイプをおすすめします。

時間がなくなる

これはもちろんですが、筋トレをやるには時間が必要なため、今までよりも時間が必要になってきます。

私は週3で1日あたり1時間弱を、筋トレの時間に充てています。

自宅筋トレであれば1時間弱で済みますが、ジム派の場合は、ジムへの行き帰りの時間等でさらに必要になります。

嫁の反応が悪い

これは嫁の好みにもよると思いますが、嫁は「細マッチョ」が好きです。

それに対して、筋トレに目覚めてしまった私は「マッチョ」を目指しています。

そのため、重量UPをする行為(粉飴をプラスする、食事量を増やす等)に対して「やめて!」と言われます

そのたびに、「筋肉がつけば体重は増えるものだ」と説得していくしかありません・・・

最後に

このように、筋トレにはいくつものデメリットがあります。

ここで挙げた事例は私が体験している内容のため、知らないところで更なるデメリットがあるかもしれません。

しかし、筋トレには、デメリットを補って余りあるメリットが多大にあります

メリットを最大限に生かすため、これからも筋トレを継続していく予定です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!