次回から「シンカログ 筋トレ」で検索をお願いします!!
プログラミング

ローカルインストールでPython環境を構築する

Pythonでプログラムを作り、いざ実装したい!となったときに、パソコンが外部インターネット接続不可であったために困ったことがあったため、備忘録として残しておきます。

特にTensorFlow等のライブラリは、PythonのVerにとっても左右される可能性があるため、注意が必要です。

ローカルインストールとは

通常Pythonの環境を構築するときは、インターネットに接続し、Anacondaやライブラリをpip等でインストールしていきます。

しかし、会社のパソコンの環境によっては、セキュリティ上外部インターネットに接続できないことがあります。

そんなときには、外部インターネットに接続されているパソコンで、Anacondaや各種ライブラリを一旦ダウンロードします

そして、Python環境を構築したいパソコンにダウンロードファイルを持っていき、インストールを実施していきます。

※下記のURLを参考にしています。

PythonのVerに注意してダウンロード

まず、Pythonをインストールしますが、最初からよく使用するライブラリ等がセットになっている「Anaconda」をダウンロードしてしまうのが有効です。

下記リンク先からは、旧VerのAnacondaをダウンロードが可能です。

発行日を確認し、該当のPythonのVerのものをダウンロードします。

https://repo.anaconda.com/archive/

Anacondaのインストーラーをダウンロードしたら、Python環境を構築したいパソコンにてインストールを実行します。

その他ライブラリをインストール

次に、必要なライブラリをダウンロードしていきます。

外部インターネット接続されているパソコンであれば、

pip install (ライブラリ名

でインストールができてしまいます。

しかし、ここで必要なのはローカルインストール環境のため、一手間必要です。

ライブラリダウンロード

まずはライブラリをダウンロードします。

外部インターネットに接続されているパソコンで、下記リンク先から、必要なライブラリをダウンロードします。

https://pypi.org/

ダウンロードしたファイルは、ほとんどの拡張子が.whlです。

しかし、拡張子が.tar.gzになっているファイルもあります。

拡張子によってインストールの仕方が異なってきます

(次の項目にて説明します)

ここで注意点は、ライブラリのVerをよく確認するようにします。

(誤ったVerのものだと、うまく動作しないことがあります)

ローカルインストール

ライブラリのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをPython環境を構築したいパソコンにもっていきます。

そこでAnaconda Promptを開きます。

そして、ダウンロードしたファイルが置いてあるフォルダに移動します。

コードは下記です。

cd (フォルダ名)

そして、下記コードにてインストールができます。

●拡張子.whl

pip install –no-deps (ファイル名.whl)

●拡張子.tar.gz

pip install (ファイル名.tat.gz)

まとめ

上記の方法で、必要なライブラリを”全て”インストールできれば、Python環境が構築できます。

この全てというのが結構大変です。

なぜなら、通常のpip installでは関連ライブラリも一緒にインストールしてくれますが、ローカルインストールではピンポイントでしかインストールしてくれません。

そのため、かなり多くのライブラリをインストールする必要が出てきます。

でも、実際このやり方でPython環境を構築できたので、参考にしてみてください。

プログラミング
最新情報をチェックしよう!