次回から「シンカログ 筋トレ」で検索をお願いします!!
走る

武器は走りながら拾え!

これは、「高橋 克明」さんの本のタイトルです。

タイトルを見たとき、正直、「まぁそういうことかな?」と内心書かれている内容がわかったつもりになっていました。

しかし、読み進めていくうちに、その独特なリズム感のある書き方に、もっと次が読みたい!となっている自分がいました。

この記事では、そんな「武器は走りながら拾え!」について書いていきます。

武器は走りながら拾え! [ 高橋 克明 ]

ニューヨークでもっとも注目されている日本人

高橋克明さんは、ニューヨークでもっとも注目されている日本人です。

ニューヨークをベースに発刊する週刊邦字紙「ニューヨークBIZ」CEO兼インタビュアーであり、ハリウッドスター、アスリート、俳優、アイドル、政治家、事業家など、1000を超える著名人にインタビューする人気コーナー「ガチ!」(nybiz.nyc/gachi)の担当もされています。

そんな方が、ここまでどういう思想で行動してきたのか、その人生観を感じることができる一冊になっています。

 まず行動

まず、行動力がハンパないです。

考える前にやる。

つまり、この本のタイトルの通り「武器は走りながら拾え!」を実践されています。

状況は刻一刻と変化している。

準備に時間をかけていたら、置いていかれてしまう。

つまり、一番したくない機会損失をしてしまう。

そうならないためには、まず行動し、その過程で必要な情報はその都度手に入れていくという姿勢・その行動に感嘆させられます。

文章のテンポの良さ

この本を読んでいると、感じたことが、

文章が読みやすい

でした。

他の本とは違い、本に引き込まれている感じがするのです。

文章の書き方でしょうか?数々の芸能人・著名人にインタビューされてきたからでしょうか?

その文章には、何か人を惹きつけてしまう魅力があり、最後まで全く飽きを感じませんでした。

自分のためだけには生きるな

最後の章での「自分のためだけには生きるな」には考えさせられました。

人は自分の欲求のために動く生物だと思います。

そして、家族や大切な人は、時に弱点にもなり得る存在とも言えます。

だけど、自分のためだけに生きることには、限界がある

自分のためだと、どこかで諦めてしまうこともある。

だけど、他人のためだったらどうか?

家族・大切な人のためなら、限界を超えられるのではないか?

そんな、他人のために生きることの可能性に気づかされました。

まとめ

この本、本当に読みやすく、あっという間に読むことができます。

他の本もそうだけど、本を読むことが目的ではない。

インプットした情報を行動でアウトプットしてこそ、自分の成長につながります。

この記事で紹介した以外にも、様々な実体験に基づいた生き様・思考をインプットすることができる本です。

ぜひ読んでみてください。

武器は走りながら拾え! [ 高橋 克明 ]

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

走る
最新情報をチェックしよう!