次回から「シンカログ 筋トレ」で検索をお願いします!!

正しいフォームで効果的にスクワット。あなたのスクワット、間違っていませんか?

ビッグ3のひとつであるスクワット。

もちろん、間違っているフォームで行っていては、効果は半減してしまいます。

スクワットも例外ではありません。

そんなスクワット、あなたは正しく行えていますか?

この記事では、筋トレ初心者が陥りがちな間違ったスクワットと、正しいスクワットについて書きたいと思います。

間違ったスクワット

間違ったスクワットとは何か?

あなたは、スクワットの正しいやり方を教えてもらったことはありますか?

ただ、ひざを曲げて上下に動けばいいと思っていませんか?

私もこの罠に嵌っていました。

スクワットを初めてしたのは、高校の部活動にて・・・

正しいスクワットのやり方を教えてもらわず、ただ50回×3セットをこなすというやり方をしていました。

間違ったスクワットのポイント

①ひざだけで上下に動いている

 私が実際にやっていたスクワットです。

 単純にひざだけを上下に動かし、ただの屈伸運動になっていました。

②つま先よりひざが前に出ている

 これも同じくやっていました。つま先よりひざが前に出てしまうと、ひざを痛めることにも繋がります。

それでは正しいスクワットとはどんなものなのか?

もちろん、間違ったスクワットとは違うやり方です。

正しいスクワット

正しいスクワットのフォームについては、こちらの動画がすごく参考になります。

フォームのポイントや呼吸法まで、全て網羅されていると思います。

私が意識しているポイントはこれです。

①ひざをつま先より出さない

②下がる時に息を吸い、あがる時に吐く

③おしりを突き出し、胸を張るイメージ

最初は、慣れるまで違和感が大きかったです。

でも、正しいフォームでスクワットを行うと、すごくきついんですよね。

ただ上下に屈伸をしていたスクワットとは大違いです。

更に負荷を上げたいときは

普通のスクワットを続けていると、負荷が物足りなくなってきます。

そんなときは、自宅でできる、ダンベルを使ったスクワットをおすすめします。

やり方は、この動画を参考にしてください。

ダンベルの重量を増やしていくことで、スクワットの負荷を上げていくことができます。

ダンベルは、私も使用している可変式ブロックダンベルがおすすめです↓↓↓

まとめ

正しいスクワットのイメージが掴めたでしょうか?

正しいフォームで筋トレを行うことは、効率的に筋肉を大きくしていくために、最も重要です。

フォームを身につけるまでは、繰返しやり方をチェックしていったほうがいいと思います。

それでは、よい筋トレライフを!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!