次回から「シンカログ 筋トレ」で検索をお願いします!!

9%の「有効」な社員になるために

どうも、kumaです。

今日は、先日読んだ

91%の社員は「ムダ」である

という本を紹介します。

タイトルは、この本のタイトルを逆に言っただけですが・・・

どうぞお付き合いください。

91%の社員は「ムダ!」である

価格:1,540円
(2020/3/16 22:09時点)
感想(0件)

エンゲージメントとノンエンゲージメント

まず、「エンゲージメント」とは、

従業員の会社に対する「愛着心」や「思い入れ」をあらわすものと解釈されます。

この指標が強いほど、愛社精神が強く、会社にとって大きな成果をあげると言えます。

この本では、社員には、2つに分かれるといいます。

「エンゲージメント」「ノンエンゲージメント」

本のタイトルにもあるように、91%の「ノンエンゲージメント」な社員は、

悪いときには9%の「エンゲージメント」な社員の足を引っ張るときもあるそうです。

また、常にエンゲージメントな人はエンゲージメントであるのではなく、気を抜くとノンエンゲージメントになってしまうこともあります。

もちろんその逆もあり、ノンエンゲージメントな状態からエンゲージメントな状態に持っていくことも可能です。

エンゲージメント状態になるために

91%が「ノンエンゲージメント」というくらいですから、

このブログを読まれている方の9割がノンエンゲージメントな可能性もあるわけです。

(もちろん私もノンエンゲージメント・・・にならないよう努力します)

エンゲージメント状態になるために、

「出る杭」になること、そしてそれを継続することが大切です。

「出る杭」って、なんか嫌なイメージがありますが、ここではいい意味での「出る杭」です。

もちろん、出る杭になるっていうのは勇気が必要です。

それは、他人と同じことをしていたら出る杭になれないからです。

だから、まずは勇気を出してみる!

ホリエモンさんの言葉に「失敗しても命までは取られない。」とあります。

根性論のようですが、命までは取られないと思えば、出る杭になるくらいの勇気は出せるということが言いたいし、私もそう思って行動していきたいです。

また、出る杭に「なり続ける」ことも大切です。

そう、この「継続」が一番難しいと書かれています。

筋トレでも読書でも、継続するのは難しいですよね?

継続できなければ、「ノンエンゲージメント」状態に戻ってしまうこともあるんです。

「出る杭」であり続けること

これを心に留めて行動していきたいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

91%の社員は「ムダ!」である

価格:1,540円
(2020/3/16 22:09時点)
感想(0件)

最新情報をチェックしよう!