次回から「Gray Scale」で検索をお願いします!!

ホームジムに必要な部屋の最小横幅は?(オリンピックシャフト対応)


こんにちは、今回は、ホームジムに必要な部屋の横幅についてです。

ホームジムと言うと、バーバルプレートの付け外し効率の点から、

部屋の横幅は3mは必要
とよく言われています。
でも、実際のところ、どれくらい必要なのか?
そんな点を、実際にホームジムを導入した私が検証していきます。
私が導入したホームジムは👇こちらの記事👇から確認できます
あわせて読みたい

自宅トレーニーであれば憧れるホームジムですが、総額いくらくらいかかるのか?ネットで調べてみると、100万かかるとか、安くても30万かかるとか・・・結構かかるので手が出せない、と考えている方も多いのではないでしょうか?私も小遣[…]

・ホームジム導入したいけど、部屋の広さはどれくらい必要か知りたい
・部屋横幅3mもないんだけど諦めるしかないのか?

ホームジムに必要な横幅は?

まず、私のホームジムの部屋の横幅は、

2m60cm

です。

はい、3mありません。

「どうせオリンピックシャフトじゃないんでしょ?」と言われそうですが、オリンピックシャフトを使用しています。

懸念されている通り、私の筋トレ部屋の横幅は2m60cmしか取れないため、

バーベルセットを、φ28のシャフトが短いものにするか、拡張性の高いオリンピックシャフトのものにするかどうかは、最後まで悩んでいました。

しかし、いろいろネットで情報を集めていく中で、悟りの境地に入っていきました。

・2m60cmでも左右20cmずつ隙間はある
・絶対的にオリンピックシャフトが使いたい
・オリンピックシャフトが使いたい・・・
大事なことなので2回言いましたが、とにかくオリンピックシャフトが使いたかったんです。
後悔したくありませんでした。
そんな理由で少し暴走気味にオリンピックシャフトのバーベルセットを選択しました。
(φ28のバーベルセットであれば、左右30cmずつ隙間確保できるので、問題ないんですけどね)
部屋横幅2m60cmに対し、オリンピックシャフトのバーベルセットを選択した使い勝手は後から紹介しますが、
結果として満足できています。

 

筋トレをしてみた感想

さて、実際に筋トレをしてみた感想です。

左右隙間20cmだと窮屈そうだな・・・

という予感がしていましたが、やってみるとそれほどではありませんでした。

部屋の横幅が気になるポイントは下記の2点です。

・プレート交換時
・シャフトの横を通るとき

プレート交換時

このポイントは、最初から懸念していた点です。

実際にプレート交換した感想ですが、「思ったより普通に交換できた」です。

この思ったよりというのがポイントになりますが、確かにプレートを外すとき、隙間20cmのため、体の横で支えながらプレートを引っ張り出すことになるため、この時点で少し筋トレとなります(笑。

また、隙間が小さいので、プレートを外す際、勢い余って壁にプレートをぶつけ、壁にラバーの黒い跡が付着するということもありました。

最初はよく壁にラバー跡をつけていましたが、慣れてくれば注意してプレートを外すため、めったに壁に当てることはなくなりました。要は慣れです。

いくら隙間が30cm空いていようが、無意識にやっていれば当たります。

 

対して、プレートを付けるときは、特に不自由を感じませんでした。

よって、最初に懸念していたプレート交換時の不自由さに関しては、隙間20cmでも問題ないという結論です。

 

シャフトの横を通るとき

2点目ですが、これはあまり想定していなかったポイントです。

パワーラックの構造や、プレートを置いている場所にもよりますが、

バーベルシャフトの横を通るときの、隙間が20cmという点です。

 

私のホームジムは、ONIハーフラックを使用しているため、ハーフラック自体にプレートを収納できるようになっています。

関連記事

家で筋トレ効率を高めるための、最終兵器とも言えるアイテムと言えば、、、そう、パワーラックです 今回は、パワーラックの中でもコンパクトであって、求められる強度は満足できているハーフラックについて記事を書いていきます。[…]

ハーフラック導入

ONIハーフラック

上図のように、バーベルシャフトの奥にプレートがあります。

そのため、プレートを付け替える際には、バーベルシャフトの横を通る必要があるということです。

これ、結構隙間20cmは狭いです。

バーベルシャフトがベンチプレス用に低い位置にあるときには、脚だけ20cmの隙間を通ればいいので問題ありませんが、

スクワット用にバーベルシャフトが高い位置にあるときには、ちょうど隙間20cmが、胸の高さ辺りにくるため、通り抜けるときは注意しています

まぁ、注意すると言っても、バーベルシャフトに触れるとヒヤッとするので(冷たさ的な)注意しているというだけですが・・・

この点は、プレートセットが部屋の手前にある場合は、気にしなくてもいいポイントとなります。

ただ、ONIハーフラックのように、パワーラックとプレートツリーが一体になっているのは、プレート付け替え効率と省スペースという点でかなり優位となるのでオススメです。

この付け替え効率というのは、別記事で紹介したいですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

私がホームジムを使用する際に、横幅が狭くて気になるポイントは2点でした。

・プレート交換時
・シャフトの横を通るとき
ただし、どちらも慣れとどうにかなり、現状としては、2m60cmの横幅でも問題ないという結論となります。
夢のホームジム、導入される際は参考にしてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。
関連記事

自宅トレーニーであれば憧れるホームジムですが、総額いくらくらいかかるのか?ネットで調べてみると、100万かかるとか、安くても30万かかるとか・・・結構かかるので手が出せない、と考えている方も多いのではないでしょうか?私も小遣[…]

最新情報をチェックしよう!